プロフィール

出久根育

画家、イラストレーター

東京生まれ。

1992年、武蔵野美術大学油絵科版画専攻卒業。

1994年、最初の絵本『おふろ』が出版される。1998年より定期的に個展を開く。1998年、東京で開催されたドゥシャン・カーライ教授のワークショップに参加。2003年、グリム童話『あめふらし』(2001年 / 偕成社 – 当時はパロル舎が出版)のイラストでブラチスラヴァ国際絵本原画展グランプリを受賞。2006年、イラストを手がけたロシア民話『マーシャと白い鳥』(ミハイル・ブラートフ作 / 偕成社 / 2005年)が日本絵本大賞を受賞。2011年には「もりのおとぶくろ」(わたりむつこ作 / のら書店 / 2010年)が産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞する。

チェコ共和国では『Živá voda』(カレル・ヤロミール・エルベン作 / Albatros Media / 2011年)、『Říkali mi Leni』(ズデンカ・ベズジェコヴァー作 / Albatros Media / 2012年)、『Vánoční pošta』(ダニエル・ハビエル作 / Práh / 2012年)、『Zajatci stříbrného slunce』(ミロスラフ・クラトフビール作 / Triton / 2014年)などが出版されている。

2004年にボローニャ国際絵本原画展、2005年にブラチスラヴァ国際絵本原画展でそれぞれ特別展示が行われた。2011年、東京板橋区のちひろ美術館で個展が開催される。

2002年よりプラハ在住。